お知らせ

「赤い羽根福祉基金第3回助成事業」の助成金による新規事業を始めます

事業名称
 孤立化による空き家の増加を予防する多世代参加型プログラムの開発
~新たな社会貢献事業の開発に向けた協議・協働の実践と仕組みづくり~


事業内容
 社会的孤立から空き家に至る経緯を連続的に捉え、つながりの再構築から終末期であってもその人の尊厳が守られた暮らしの実現を図ることを目標とし、「新発田版リビングウイル」を開発・普及し、孤立化による空き家増加の予防に取り組みます。
 また、ひとり暮らしの高齢者や、生きづらさを抱える若者などを対象に、これまでに培った資産を活用した「つながりづくり」と「コミュニティ就労の機会の開発」という2つの実践プログラムを開発し、地域を基盤とした協議体の組織化を進める事業です。


【赤い羽根福祉基金助成事業について】
「赤い羽根福祉基金助成事業」とは、 既存の制度では対応できない、全国に共通する生活生活課題・福祉課題の解決を目指すもので、内容が先駆的・モデル的で、全国的な広がりが期待されるものを対象としているものです。

今回の助成は、
全国41 都道府県194件の応募の中から、
全国のモデル的な事業として、
新発田市社会福祉協議会の事業が選ばれました!!
(全国で8件が採択)


【授与式に参加してきました!】
H30年 4/24(火) 東京で授与式が執り行われました。
http://blog-imgs-119.fc2.com/s/h/i/shibatashakyo/20180517123218431.jpg
http://blog-imgs-119.fc2.com/s/h/i/shibatashakyo/IMG_0674.jpg